• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ
最新研究成果
マヌカハニーの効果(1)<抗菌作用>

for English page

マヌカハニーとは?

マヌカハニーはニュージーランドに自生するフトモモ科植物“マヌカ”(Leptospermum scoparium)の花を蜜源として得られる蜂蜜である。この蜂蜜中には抗菌物質メチルグリオキサールMGO)が高濃度で含有されており、これまでの研究結果として、Helicobacter pyloriやStreptococcus mutansなどといった各種病原性細菌に対して、他の蜂蜜にはない強い抗菌活性を示すことが報告されている。

マヌカハニーの抗菌性

各種口腔細菌に対するマヌカハニーの抗菌活性

 

各種口腔病原菌に対するハチミツの抗菌活性
[表]

マヌカハニーのピロリ菌に対する抗菌作用
  胃潰瘍の人の胃から得た5つのピロリ菌分離株を96時間培養して、一般のハチミツ(40%溶液)とマヌカハニー(20%溶液)を用い、寒天平板法による抗菌性試験を行いました。
一般のハチミツ(40%溶液)では抗菌作用は認められませんでしたが、マヌカハニーでは3つの分離株で増殖が完全に阻止され、残り2つについても抗菌性が示されました(表-1)。
 

表-1:胃潰瘍生検からの分離株を用いたピロリ菌に対する感受性試験
[表-1]

  そこで今度は、7つのピロリ菌分離株を使用して、マヌカハニーの寒天培地封入による最少阻止濃度の評価が行なわれました。
その結果、7つのピロリ菌分離株はすべて、5%濃度のマヌカハニーの存在下、培養72時間で増殖が完全に阻止され、マヌカハニーのピロリ菌に対する抗菌作用が示されました(表-2) 。
 

表-2:マヌカハニー寒天培地封入による最少阻止濃度評価
[表-2]

マヌカハニーによる腸内環境の改善
  マヌカハニーには、悪玉菌を減少させる一方、善玉菌を増やし、腸内環境を善玉菌優位の状態に改善する効能があることも、各種の試験で確かめられています。
たとえば、(表-3)が示すように、マヌカハニーを単独で摂取しても、あるいはマヌカハニーと花粉やローズヒップなどを併用しても、プロバイオティックス(生きて腸に届く経口生菌)の乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌は増加し、病原性細菌の大腸菌O-157やサルモネラ菌などは減少しているのがわかります。
 

表-3:マヌカハニーによる腸内環境の改善
[表-3]

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら