• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ
最新研究成果
シクロデキストリンによるCAPEの包接安定化作用

for English page

背景

食品中に含まれる機能性成分の安定化「食品の安全・安心」を掲げる上で非常に重要

シクロデキストリンは機能性食品(e.g. CoQ10、αリポ酸、ローヤルゼリーなど)を安定化できる素材として数多くの製品に用いられている。

NZプロポリス

背景 : プロポリス-γCD粉末(previous work)

CAPEとCDとの相互作用

CAPEとCDとの相互作用

CAPE-γCDの安定性

Keap1: HO-1、NQO1などの抗酸化タンパク質の発現に関与する転写因子(Nrf2)の活性を抑制するタンパク質。
Keap1のCys残基に酸化やアルキル化が起こることでNrf2が活性化される。
Nf-κB : 免疫反応や細胞の増殖、生存に大きく関与している転写因子の一つ。
サイトカインや紫外線など様々なストレスにより活性化される。多くの腫瘍細胞ではNf-κBが恒常的に活性化されている。

CAPE-γCDの安定性評価(熱)

CAPE-γCDの安定性評価(自己加水分解)

CAPE-γCDの安定性評価(加水分解)

Conditions :
[CAPE] = 60μM, [γCD] = 20mM, [αChT] = 6.6μM in 100μM phosphate buffer pH 7.4 and 25℃.

CAPE-γCDの安定性評価(Michael付加反応)

Conditions :
[CAPE] = 50μM, [γCD] = 20mM, [Cys] = 50mM in 100mM phosphate buffer pH 7.4 and 25℃.

CAPE-γCDの安定性評価(酸化反応)

Conditions :
[CAPE] = 50μM, [γCD] = 20mM, [KIO3] = 5mM in 100mM citric acid buffer pH 4.0 and 25℃.

溶解度相図

胆汁酸によるCAPE-γCDの可溶化

CDによるCAPEの包接安定化効果

まとめ

NZプロポリス中に含まれるCAPEの安定化についてCD包接の効果を検討した

  • CAPEとCDとの包接体形成における結合定数および溶解度を求めた。
  • CAPEの1)酵素による加水分解 2)アミノ酸とのマイケル付加反応 3)酸化反応に対してγCD包接による安定化効果が示された。
  • CAPEγCD包接体は水溶性は低いが胆汁酸存在下ではCAPE単独よりも高い水溶性を示した。
    →CD包接によるバイオアベイラビリティーの向上

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら