• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ
最新研究成果
第42回 αシクロデキストリンのスクロースによる血糖値上昇抑制効果

for English page

ヒトで確認されているαCDの機能性

  1. 抗アレルギー効果
    アトピー性皮膚炎, スギ花粉症, ぜんそく
  2. 抗メタボリックシンドローム
    中性脂肪, コレステロール低減効果
    血糖値上昇抑制効果
  3. 整腸作用

αCDによる血糖値上昇抑制作用

αCD入り米飯摂取後の血糖値の推移
米(炭水化物量:50g)に対してαCDをそれぞれ0g, 2g, 5g, 10g含む米飯を摂取後の血糖値を測定した。
(健常なボランティア10名)

Blood glucose level

iAUC

Jonathan D. Buckley, Alicia A. Thorp, Karen J. Murphy, Peter R.C. Howe, Ann. Nutr. Metab., 2006, 50, 108-114.

αCDによるアミラーゼの阻害が示唆された。

糖質の消化、吸収

本研究:アミラーゼ以外の糖分解酵素に対するaCDの効果について検討する。

スクロース負荷試験(マウス)

試験方法:

1) 12時間絶食させたddyマウスにαCDを水に溶かしてそれぞれ経口投与した。コントロール群には生理食塩水を投与した。

2) 20分後、スクロース(2g/kg体重)を水に溶かしてすべての群に経口投与した。

3) スクロース投与後、0分、15分、30分、45分、90分後にマウス尾部から採血し、ダイアセンサー((株)アークレイ)を用いて血糖値を測定した。

スクロース負荷試験(マウス)

図1 αCDの投与量による違い

αCDによるスクロース消化酵素の活性阻害が示唆された。

グルコース負荷試験(マウス)

図2 スクロースをグルコースに変更した試験

αCDはグルコースの吸収を阻害していない。

まとめ

αCD投与によって、スクロース摂取後の 血糖値上昇が抑制された。
αCDがスクロース消化酵素の活性を阻害して いることが示唆された。
相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら