• HOME
  • 最新研究成果
  • 今、シクロケムが注目していること
  • 自社論文
  • CDの応用分野
  • 世界のCD食品規制
  • CDのホスト・ゲスト対応表
  • 会社概要
  • お問い合わせ
最新研究成果
第44回 αシクロデキストリンによるコレステロール低減効果機構の解明

for English page

ニュースリリース (2014.7.10)

※本研究結果は、2012年9月7日(金)、第29回シクロデキストリンシンポジウム(9/6~7、星薬科大学(東京)にて開催)において発表しました。

αCD摂取効果 - 過去の知見と課題 -

αCDの摂取による血中コレステロール低減効果が報告されている。
一方で、αCDとコレステロールは相互作用しないことが知られている。

αCDはコレステロールの吸収阻害に間接的に働いている?

脂質の小腸吸収

摂取した脂質の吸収性には、胆汁酸ミセルへの取り込みが重要

H. Yano, et al. (2009).

胆汁の構成成分

  胆嚢胆汁
胆汁酸 (mM) 72.1 (68%)
レシチン(=リン脂質) (mM) 25.8 (23%)
コレステロール (mM) 8.1 (7.6%)
水分 (%) 84

「胆汁酸と胆汁」創英社

胆汁の構成成分

胆汁の成分の内、αCDと結合できるのはレシチンのみ。

仮説:
摂取したαCDは腸内で胆汁酸ミセル中のレシチンと結合する。

胆汁酸ミセルの性質が変化

脂質が胆汁酸ミセルに取り込まれにくくなる。

脂質の吸収性が低下する。

本研究:
人工腸液中に対するαCDの添加効果について、
・αCDとレシチンとの結合
・αCD存在下における人工腸液への脂質の溶解性
について検討を行った。

人工腸液

脂溶性薬剤の小腸吸収予測モデル

空腹時腸液

組成 mM
NaTC 3
レシチン 0.75
リン酸二水素ナトリウム 28.66
塩化ナトリウム 106
水酸化ナトリウム ~13.8
pH6.5に調整)

食後腸液

組成 mM
NaTC 15
レシチン 3.75
酢酸 144
塩化ナトリウム 173
水酸化ナトリウム ~101
pH5に調整)

M. Vertzoni, et al. (2004)

Fig1 αCDによる人工腸液の濁度上昇

振とう2時間後の人工腸液の濁度

人工腸液にαCDを加えると沈殿物ができる。

Fig2 αCDとレシチンとの結合

αCD添加時(3%)の人工腸液

レシチンとαCDが存在する場合のみに析出物が生成する。

αCDは人工腸液中のレシチンと結合している。(析出物はαCD-レシチン包接体)

Fig3 コレステロールの溶解性試験

αCDは、コレステロールの溶解性低減させた

まとめ

αCD胆汁酸ミセルからレシチンを析出させ、小腸液における脂質の溶解性を低下させた。

αCD摂取による血中コレステロール低減効果について、その機構の一つが明らかとなった。

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。

  • CD、CD包接体はこちら
  • 受託製造についてはこちら
  • 出張セミナーについてはこちら