株式会社シクロケム
日本語|English
知る・楽しむ

栄養素バンク

ピペリン、ピペリン包接体
ヒハツ由来ピペリン

ピペリンは、黒コショウやヒハツという植物の果穂から得られるアルカロイドです。

ピペリンには、血圧低下効果や体温を維持する効果、脚のむくみを軽減する効果があることが報告されています。

ピペリン包接体は、環状オリゴ糖(αオリゴ糖)を用いてピペリンを包接した製品です。包接体にすることでピペリンの吸収性改善が期待できます。

環状オリゴ糖の空洞に有効成分が取り込まれることを包接、環状オリゴ糖に有効成分が取り込まれたものを包接体と言います。

ピペリンの健康効果
  • 血圧の低下効果(機能性表示 90µg/日*1[血圧が高めの方]
  • 体温(抹消体温)を維持する効果
    (機能性表示 120µg/日*2[女性]
  • 脚のむくみを軽減する効果(機能性表示 120µg/日*2[女性]
包接体にすることの利点
  • 吸収性改善

*1:小池田ら、薬理と治療、43(8)、1127-1139 (2015)

*2:Yoshino S et al., Jpn Pharmacol Ther, 46(2), 219-225 (2018)

相談コーナー

ご質問やご相談がございましたら、以下のジャンルからお問い合わせをお願いいたします。